メニュー

葬儀の流れ

おおまかな流れ
おおまかな流れ おおまかな流れ
① 臨終直後
臨終直後
  • 株式会社公益社北光斎場へ電話を入れて下さい。
  • 家族・ごく近い親族に死亡を知らせます。
  • 医師に死亡診断書を作成して頂きます。
  • ご遺体を安置いたします。
  • ご遺体安置後に枕飾りを飾ります。
  • 神棚は第三者によって扉を閉じ、白紙で封じます。また室内の装飾品は取り外します。
  • 忌中札(すだれ)を玄関に貼ります。
  • 喪主を決めます。
② 寺院への依頼
  • お付き合いのある寺院に電話で一報を入れ、ご住職様のご都合をお聞きして枕経をお願いします。
  • ご住職様に通夜・葬儀について相談します。
相談する内容
  • 通夜・葬儀の日時について
  • 僧侶の人数
  • 僧侶の送迎
  • お布施の額
  • 戒名(法名)について

寺院とのお付き合いがない場合は、宗派、地理的条件等を配慮し寺院をご紹介致しますので、当社にご相談下さい。

③ 葬儀の日程・内容の決定
臨終直後
  • 日程の決定
  • 写真(遺影)の決定
  • 火葬認可の手続き(当社が無料で代行いたします)
  • 葬儀委員長の依頼
  • 葬儀内容の決定
④ 死亡通知
臨終直後
  • 友人・知人・会社関係(各種団体)に死亡を通知します。
  • 隣近所に挨拶します。
  • 弔辞の依頼
  • 新聞社(おくやみ広告)の手配

※故人と生前お付き合いのあった方々が報せを聞き忌問に訪れます。 忌問客への対応の事も考慮しておきましょう。

⑤ 通夜
9:00
  • 夕食、オードブル、布団の個数確認
  • 供花の発注確認
15:00
納棺
  • 湯灌・納棺
    1.故人が男性ならひげを剃り女性なら薄い死化粧をし仏衣を着せます。
    2.近親者から順に、ご遺体の顔、手、足をアルコールに浸した脱脂綿で清めます。
    3.男性の手によりご遺体を棺に納めます。
    4.故人の愛用品を棺に納めます。
  • ご遺族・ご親族式場に到着
  • 供花の並び替えをします。
  • 夕食を召し上がっていただきます。
17:30
  • ご遺族・ご親族着席
18:00
  • 通夜の開式
19:00
  • 集合写真
  • 朝食、火葬場弁当、役員弁当の個数確認
  • 通夜ぶるまい
  • 通夜後の引き継ぎ
  • 葬儀・告別式の準備
ご遺族・ご親族は交代でろうそくと線香の火を絶やさないように一夜をお過ごし下さい。
⑥ 葬儀
7:30
  • 朝食を召し上がって頂きます。
8:30
  • 忌中引の個数を最終確認します。
  • 焼香順位の最終確認をします。
  • 喪服に着替えます。
9:30
  • ご遺族・ご親族着席
10:00
  • 葬儀・告別式の開式
11:00
  • お別れ
  • ご出棺
11:30
  • 火葬場到着
12:00
  • 親族控え室にて昼食をとります。
13:00
  • 収骨(骨あげ)を行います。
  • 火葬場から会場に到着
  • ご遺骨を迎えます。
  • 葬儀の引き継ぎ
  • お布施をお渡しします。
⑦ 還骨・取越し法要

お寺様の都合で14:30・15:00という場合もあります。

14:00
  • 還骨法要と初七日~四十九日、百ヶ日までの取越し法要
  • ご遺族挨拶
  • 引き物をお渡しします。
⑧ ご自宅へ
  • 葬儀役員、お手伝いの方々が帰ります。
  • 遠方のご親戚が帰ります。
  • 帰宅の準備をします。
  • ご自宅に御祭壇(中陰祭壇)を飾ります。